20代女性にも若ハゲが増加している

若ハゲの恐怖は20代女性にも忍び寄っています

若ハゲに悩んでいる女性がここ最近では増えています。

 

 

一般的には、女性ははげない、若ハゲとは無縁だというイメージが強いですが、それには理由があります。

 

 

それは、薄毛になる原因として男性ホルモンが影響しているとされているため、相対的に男性よりも女性ホルモンの量が多い女の人はハゲ難いということになります。

 

 

 

ですが、そんな20代のうちから薄毛になってしまう女性が増えているのでしょうか?

 

 

 どうして20代女性の若はげが増加するのか?

 

 

 男性以上に頑張る女性が増えているから

 

 

20代女性の若ハゲが増加しているのは、それにはさまざまな理由があります。

 

 

 

 

 ストレスの増加

 

 

最近は若いうちから男性に負けない激務をこなしている女性が増え、仕事に悩まされるという女性が増えているそうです。もちろん激務ではなくても人間関係やさまざまなことが原因で悩んでしまうでしょう。そのため、ストレスなどから若ハゲになってしまう人がとても多いのです。

 

 

 睡眠不足

 

もちろんストレス以外にも、忙しくて睡眠不足になってしまうことがあるでしょう。仕事が忙しくて眠る時間もないという20代女性が急増しています。また、仕事ばかりでは精神的に参ってしまうので、自分の趣味などを優先することで睡眠時間が取れないということもあると思います。

 

 

 食生活の乱れ

 

忙しい毎日の中で、なかなか自炊することも難しいかも知れません。そうなると、食事が外食やコンビニ食ばかりになっているなんてことにもなりかねません。そういった脂分が多く、塩分も高めな食事をとっていると、いくら20代の若い女性でも若ハゲになってしまう可能性が高いのです。

 

また、女性の場合には極端なダイエットのし過ぎによって、必要な栄養が不足してしまって若ハゲを引き起こすことが多いので注意が必要です。
(参考: 若ハゲとダイエットは関係があるの?

 

 

若ハゲは男性だけの問題ではなくなっているのです


生活スタイルの変化が女性の若ハゲを引き起こしている

女性はハゲ難いとか、ハゲとは無縁だという感覚があったと思います。それは、男性ホルモンのテストステロンが男性に対して相対的に少ないということがありますが、これは女性ホルモンが多いために割合が少ないということです。

 

 

しかし、髪の毛に良くない生活スタイルになっていると、大切な女性ホルモンが減少してホルモンバランスが乱れてきます。すると、相対的に少なかった男性ホルモンが優位になってきて20代の若い女性にも薄毛、そして若ハゲのリスクが高まってしまうということです。

 

 

 女性と男性の薄毛の性質が違うという点にも注意が必要

 

 

女性はどちらかというと、男性に比べて髪の毛自体が細く、ボリュームがないという人が多いのが実情です。

 

 

 

 

そのため、女性の薄毛の特徴として分け目から広がっていったり、ボリュームがなくなってしまったりするびまん性脱毛症が出てきます。最初の頃は男性ほど若ハゲが目立ちにくいため発見が遅れがちなのですが、よく見てみると毛量が大幅に少なかったり明らかにボリュームが不足しているのがわかります。

 

 

ですから、女性の若ハゲも、男性と同様に早く改善しなければどんどん悪化してしまうことになるため、抜け毛が気になったり、鏡を見てちょっとボリュームがない、分け目が目立つと思ったら、すぐに効果的な育毛剤を使って改善、回復をはかっていきましょう。

 

 

若ハゲは正しいケアをすることで改善させることが可能です。気になりだしたらすぐに対処を始めましょう。詳しい方法を知りたい方はトップページを確認してください。おすすめの育毛剤も紹介しています。
⇒ トップページに戻る