若ハゲが目立たない髪型とは?

絶対にやってはいけない髪型とは?

若ハゲが気になってきたら、髪型を変えることで目立たなくすることが出来ます。

 

 

まだ若い学生時代であれば、カッコよく決められる髪型をチョイスすることも可能ですよね。社会人になると、やはり一般常識にとらわれてしまうのでどんな髪型でも良いとは言えなくなります。

 

 

そのため大学生くらいで若ハゲに悩んでるとしたら、まずは髪型で隠すことが出来るというわけですが、ここで注意したい薄毛を隠すための髪型があります。

 

 

よく、若ハゲをごまかすために髪の毛を伸ばすことでボリュームアップを狙う人がいますが、これが実は逆効果になってしまうのです。

 

 

 髪の毛を長く伸ばして余計にハゲをアピールしないこと

 

 

髪の毛で若ハゲや薄毛を隠すためには、無理をして伸ばすのではなく薄い部分の髪の毛に長さを合わせるのがベストだといわれています。

 

 

薄い髪の毛と、通常の状態の髪の毛の色むらやボリュームの差によって薄毛はばれてしまうので、伸ばしてしまうと逆に薄い部分が目立つことになるのです。

 

あれ、変だなと他人から目についてしまうでしょう。せっかく隠しているのに目立ってしまう可能性が高いのです。せっかく残っている髪の毛を目いっぱい生かそうとして、残っている部分を伸ばしてカバーをしたくなるのはわかるのですが、どんどんアンバランスになってしまいます。

 

 

 若ハゲを隠すためにはどちらかというと、少し短めの方がいい

 

 

また、整髪料を付けて固めて隠すと不自然になってしまうので、あくまで適度にさらっと流す程度にして欲しいですし、整髪料を使わずに髪を洗った後にドライヤーで乾かしながら整えるようにしましょう。不自然なスタイリングは若ハゲを悪化させる可能性もあるのです。

 

 

自然なスタイリングで若ハゲを隠しつつ、効果的な育毛剤を併用することで改善させるようにしましょう。


若ハゲが目立たない髪型はコレ!

若ハゲになって薄毛が気になる人は、髪型をそのままにしておかないで変えてみましょう。

 

 

髪が薄いことが自覚できるということは、髪型が合っていなかったり、不自然になっているということですよね。このままだと残念ですが、周りの人にも髪が薄くなっていると気づかれてしまいます。

 

 

髪型を変えることによって若ハゲを目立たなくすることが可能です!

 

 

とは言っても、この髪型なら若ハゲが目立たなくなるという万能かつ普遍的な髪型というものは存在せず、薄毛のタイプによって変わります。

 

 

まずは、自分の薄毛のタイプを理解するところから始めてください。

 

 

この若ハゲのタイプを間違えて髪型を決めてしまうと、逆に薄毛が目立ってしまう可能性もあるので注意をしてください。

 

 

まず、比較的に若ハゲに合いやすい髪型というとベリーショートです。

 

 

短くすると逆に薄毛が目立つのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、適度なショートヘアの方が髪の毛のボリュームアップ効果がありますし、男らしい清潔感のある髪型なので好印象を持たれるでしょう。

 

 

前頭部が薄いという人は坊主くらいの方が目立ちませんし、いっそスキンヘッドにするのも若ハゲが目立たない髪型です。

 

 

また頭頂部、後頭部が薄いという人はオールバックで目立たなくしてみても良いでしょう。

 

 

ここだけがハゲているというのではなく、広範囲に薄いという人でショートでも隠せない場合は、思い切ってウイッグやかつらをつけてみてもよいかもしれませんね

 

 

若ハゲを目立たなくするはずなのに逆効果になりがちな髪型としては、薄い部分を隠そうとして髪の毛を伸ばしていると逆に薄毛が目立ってしまうのです。

 

 

そのため、不自然にならずに、若ハゲを目立たなくさせられるのは適度なショートにするくらいが良いでしょう。

 

 

若ハゲは正しいケアをすることで改善させることが可能です。気になりだしたらすぐに対処を始めましょう。詳しい方法を知りたい方はトップページを確認してください。おすすめの育毛剤も紹介しています。⇒ トップページに戻る