若ハゲは女性にもある

女性の若ハゲは早めの対策が必須です!

若ハゲや薄毛というと男性に起こる症状という印象が強いまもしれませんが、実は女性でも若ハゲになる人がいます。しかも女性の場合には発覚した時に若ハゲが進行していることが多いので特に注意する必要があります。

 

 

特に最近では若年齢化してきているため、20代のうちから若ハゲに悩まされているという女性も多いのではないでしょうか。

 

 

社会進出をしている女性がストレスを受けながらも仕事を頑張っていたり、人間関係に悩んでいたり、時には仕事を抱えてしまって夜更かししてしまったなどと言った不摂生をしてしまったり。こういったことが女性の若ハゲが増えている原因の一つとなっているのかも知れませんね。

 

 

 若ハゲは男女問わずに起こっているというのが現実です。

 

 

これは芸能人を見ていてもはっきりと分かるように、20代くらいから薄毛が目立っている女性が多くなっていますが、これはいろいろな要因が絡んでいるのは間違いないことです。

 

 

男性だけではなく、女性であっても若ハゲになってしまう原因、そして要因を詳しく見ていくことにしましょう。

 

 

もともと男性の方が薄毛になりやすいのは、薄毛の原因が男性ホルモンにあるからだといわれていました。つまり、男性ホルモンが多ければ多いほど薄毛になりやすくなるリスクが高いということで、男性の方が断然若ハゲになりやすいということになります。

 

 

しかし女性でもホルモンバランスが乱れたり、過度のヘアアレンジ、間違ったヘアケアや不規則な生活習慣を送っていれば、男性よりも若ハゲになる可能性が出てくるということです。

 

 

女性の場合に特に多いのが、出産後の産後脱毛症や、びまん性脱毛症でしょう。

 

産後脱毛症

 

女性は出産をすると栄養が不足しがちになります。それが原因となって薄毛が進行したり白髪が生えてきたりしますが、これが20代の女性でも若ハゲになってしまうきっかけになります。もちろんそれ以外にも、ストレスがたまったり栄養が不足していたり睡眠不足の日々が続くと、20代の女性であっても若ハゲになってしまうのではないでしょうか。

 

びまん性脱毛症

 

女性の若ハゲは男性の若ハゲの特徴にある生え際が薄くなるというパターンとは異なり、髪の毛全体が細くなってきて、全体的に薄くなってくるという人が多いので気づきにくいのですが、気づいたときにはかなり若ハゲが進んでしまっていることがあるので怖いですね。

 

 

そうならないように、女性であってもなんだか髪の毛が薄くなって来ているとか、細くなってきた、抜け毛が気になってきたという場合には育毛剤を使って若ハゲ対策を始めるようにしましょう。

 

 

20代女性の若ハゲに効く育毛剤

 

トップページへ