若ハゲと遺伝について

遺伝よりも生活習慣が影響している

若ハゲ遺伝するというのは確かなようです。ですが、確実に遺伝するという訳ではないということなので、一縷の望みをかけることにしたいと思います。

 

 

父親が剥げているからといって自分も確実に剥げるという訳ではないのです。

 

 

なぜなら薄毛の遺伝は100%ではなくて、四分の一程度だといわれているからです。

 

 

そのため、父親や祖父が剥げていても四分の三の人は薄毛にならない可能性が高いでしょう。若ハゲになるのは男性型脱毛症の影響が強いため、この体質を受け継ぐという形で若ハゲも遺伝してしまいます。

 

 

薄毛が不安だ落ち込んでしまうかも知れませんが、遺伝だけではないということになります。

 

 

しかし、遺伝よりも怖いのが習慣です。若ハゲの人は若ハゲになりやすい習慣を続けている人が多いでしょう。そんな習慣は家族間で受けついている可能性が高いのです。たとえば、油分が多かったり肉類を頻繁に食べる食生活を続けていると若ハゲになりやすくなってしまいます。

 

 

睡眠時間が短い、夜寝る時間が遅い場合も同じです。これらを家族の習慣として、もしくは夜更かしや油分過多の食の好みを遺伝として受けついている場合は若ハゲになりやすいでしょう。怖いのは、若ハゲとしての遺伝ではなく生活習慣の遺伝からの若ハゲなのです


遺伝で若ハゲになったら育毛剤を使おう

遺伝が関係して若ハゲになってしまったという人におすすめしたいのが育毛剤です。

 

 

育毛剤は遺伝に打ち勝つ力があります。

 

 

なぜなら遺伝といっても薬の力で栄養を補うことが出来れば、髪の毛をもとに戻す可能性が高いからでしょう。

 

 

 

 

遺伝といっても確実に薄毛になるという訳ではありませんので安心してくださいね。

 

 

薄毛になるのは確実ではないにせよ、遺伝的な要素があるのは否定できません。

 

 

例えば、もともと男性ホルモンの量が多かったり、頭皮の油分が多かったり、食生活が薄毛になりやすいものを好むなどという人が多いでしょう。

 

 

そのため、育毛剤に打ち勝つほどの薄毛ということはほとんどないのです。

 

 

育毛剤で対策を取ることで、男性ホルモンを抑制したり、頭皮の油分を排除し清潔に保ったり、栄養を補うことが出来、若ハゲも改善することが出来るでしょう。

 

 

 しかしこれが出来るだけ早く使い始める必要があります。

 

 

薄毛が進行しすぎてしまうと、いくら育毛剤を使っても髪の毛は元に戻らない可能性が高いのです。

 

 

若ハゲといえる年代であれば育毛剤の効果も実感しやすいでしょう。出来るだけ早く育毛剤を使い始めて、出来るだけ早く若ハゲを改善してください。

 

 

若ハゲは正しいケアをすることで改善させることが可能です。気になりだしたらすぐに対処を始めましょう。詳しい方法を知りたい方はトップページを確認してください。おすすめの育毛剤も紹介しています。
⇒ トップページに戻る