若ハゲになったつむじを治す方法

つむじがハゲて薄くなっているならこの対策をしよう!

若ハゲに悩む方の中に、つむじが薄毛になっていてヤバい、気になるという人もいらっしゃるでしょう。

 

 

10代や20代の前半で髪の毛が薄くなってしまう状態を若ハゲとするなら、まさにという感じではないでしょうか?

 

 

最近、抜け毛が多いなと思っていたけど、前髪は大丈夫そうだからと安易に考えていると、つむじ付近の髪の毛が薄くなっているなんてことがあります!

 

 

実際に、私もそうでした・・・・

 

 

友達からつむじが薄くなっていると言われ、初めのうちは信じていなかったのですが、何回も言われるので、ちょっと気になってスマホで頭頂部の写真を撮って見てみたら、明らかに薄くなっています。はっきりと若ハゲになっていることがわかってしまったのです。

 

 

人生の中で最も楽しい時期と言ってもいい、10代、そして20代に若ハゲに悩むことになるとは思ってもいませんでしたし、こんなことを考えるだけでストレスになってしまいます。何とか改善させたいと思いませんか?

 

 

 若ハゲには、つむじや頭頂部から始まるパターンと、生え際がM字に後退するパターンがある

 

 

いわゆるO字ハゲM字ハゲと呼ばれるものですが、気が付いたときに対策を打っていかないと一気に症状が悪化する、ハゲが進行してしまうのが若ハゲの厄介なところです。

 

 

つむじや前髪の髪の毛の量が大きく減ってしまうと、髪型をどうしようとも薄毛を隠したり、目立たなくさせたりすることができませんし、改善、回復させようとしてもなかなか元に戻りません。そうなる前に対策をして行くことが大切です。

 

 

 どうしてつむじから若ハゲが始まるのか?

 

 

遺伝

 

つむじから若ハゲが始まる原因としては、遺伝が関連しAGAが発症している可能性があります。

 

 

これは、父親や、祖父がハゲているとしたら、禿げやすいという体質が遺伝しているということが考えられます。

 

 

若ハゲは男性ホルモンの分泌が多いと起こりやすいと考えられていて、テストステロンというホルモンが、脱毛を促すジヒドロテストステロンに変化すること、更にはジヒドロテストステロンが受容されやすいかで発症するかどうかが決まります。

 

 

 テストステロンの分泌量が多い

 

 ジヒドロテストステロンが受容されやすい

 

 

この二つの体質が備わっているとAGAによる若ハゲが起こりやすく、つむじがスカスカになってしまいます。

 

 

ストレスや生活習慣の乱れ

 

つむじが若ハゲによって薄くなる原因には、ストレスや、生活習慣の乱れもあります。

 

 

ストレスや、睡眠不足、偏った食事、運動不足といった生活習慣の乱れが頭皮の血行の悪化を招き、大切な髪の毛に栄養が行きわたらなくなり、成長が止まったり、髪が細くなったりしてきます。最悪の場合には抜け毛となって現れ、つむじが薄くなって、10代、20代での若ハゲにつながってしまうのです。

 

 

 若ハゲは治るのか?

 

 

若ハゲを治すことができるのかというと、正直なところ個人差があるというのが事実ですが、ストレスを回避し、生活習慣の乱れを正すことでホルモンバランスを整えることにつながるため若ハゲを引き起こしている原因を排除することになります。また、寝ている間に髪の毛は成長するため、睡眠時間の確保は育毛にプラスになる!

 

 

また、これらの自己努力にプラスして、効果が見込める育毛剤を組み合わせて使うことで若ハゲを改善させ、治すことができるとされています。

 

 

 ホルモンバランスを整える

 

 睡眠時間を確保する

 

 効果的な育毛剤を使う

 

 

つむじから広がっていく若ハゲは、AGA(男性型脱毛症)が起こっている可能性がありますが、この症状を抑えるためには、ホルモンバランスを乱さないことがポイントであり、規則正しい生活を心がけるとともに、自分に合った効果があると評価されている育毛剤を併用することで進行を止め改善させていくことができるとされています。以前のようなフサフサの髪の毛を回復させる近道になるでしょう。

 

 

⇒ つむじが薄くなった!若ハゲを回復させるならこの育毛剤をチェック!